メニュー

強迫性障害専門外来

強迫性障害は、自分でもつまらないことだとわかっていても、そのことが頭から離れない、わかっていながら何度も同じ確認をくりかえしてしまう性質の病気です。

たとえば、不潔に思えて過剰に手を洗う、戸締りなどを何度も確認せずにはいられないといったことがあります。

主な強迫観念と強迫行為

意志に反して頭に浮かんでしまって払いのけられない考えを強迫観念、ある行為をしないでいられないことを強迫行為といいます。

不潔恐怖と洗浄

汚れや細菌汚染の恐怖から過剰に手洗い、入浴、洗濯をくりかえすドアノブや手すりなど不潔だと感じるものを恐れて、さわれない。

加害恐怖

誰かに危害を加えたかもしれないという不安がこころを離れず、新聞やテレビに事件・事故として出ていないか確認したり、警察や周囲の人に確認する。

確認行為

戸締まり、ガス栓、電気器具のスイッチを過剰に確認する(何度も確認する、じっと見張る、指差し確認する、手でさわって確認するなど)。

儀式行為

自分の決めた手順でものごとを行なわないと、恐ろしいことが起きるという不安から、どんなときも同じ方法で仕事や家事をしなくてはならない。

数字へのこだわり

不吉な数字・幸運な数字に、縁起をかつぐというレベルを超えてこだわる。

物の配置、対称性などへのこだわり

物の配置に一定のこだわりがあり、必ずそうなっていないと不安になる。

治療

当院では、薬物療法のみでは治療効果が十分でない方に対して、行動療法を行っております。病状により薬物療法との併用も可能ですが、薬物療法のみの治療は行っていません。対象年齢は中学生以上となります。

行動療法・曝露反応妨害法とは

強迫性障害は、主に曝露反応妨害法という行動療法の一技法を使って治療します。

曝露反応妨害法は、自分の恐れている、あるいは苦痛を引き起こす状態に自らの身を置いて不安にした上で、その不安を和らげるために行っていた動作(強迫行為/反応)を行わないでいることにより不安な状況に徐々に慣れていくという治療法です。

この治療は不安を消すのが目標ではなく、不安に慣れるのが目標です。不安を消そうとしないことが大切です。

曝露反応妨害法は、強迫観念、強迫行為が起こる状況で行う必要があるので、基本的には診察室内でなく生活の場が治療場所となります。自宅、学校、職場、電車内などで行課題を行い、報告してもらう形になります。その上で適切なアドバイスをして更にまた課題を行ってもらうという形で治療は進んでいきます。

予約について

行動療法を行うには強い治療意欲が必要です。また、治すためには苦しいこと(暴露反応妨害法)をあえてやるという覚悟も必要です。

本人の治療意欲が必要なので、予約は必ず本人から行ってもらうようにしています。申し訳ありませんが、家族や知人、友人からの予約はお受けしていません。

強迫性障害専門外来の診療時間

 
午前 (10時~13時30分)
午後 (14時~18時30分)

※土曜日の診療時間は、第2、第4土曜日の12時~14時30分です。

 土曜日は再診のみとなります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME